沿革

昭和21年 先代井上泰一が高崎市鞘町でプラスチック製品の販売開始
昭和26年 有限会社菊屋製作所を設立し、井上泰一が代表取締役社長に就任
プラスチック製椀、皿などの製造及び卸を行う
昭和29年 株式会社に改組 資本金100万円
昭和30年 福岡支店開設
昭和32年 大阪支店開設
昭和36年 製造部門を分離独立し、関東プラスチック工業(株)を設立
昭和39年 本社を現在地に移す 資本金2400万円
昭和42年 浩宮徳仁皇太子殿下社会見学のため来社
昭和46年 札幌支店開設
昭和52年 埼玉支店開設
昭和53年 資本金1億円に増資
昭和62年 本社新社屋完成
昭和63年 名古屋支店開設
平成06年 青森営業所を移転し支店に変更
平成08年 名阪物流センター新設
社長 井上泰一が会長に、副社長 井上正道が社長に就任
平成09年 毎年増資を重ね、資本金5億円
平成11年 高崎支店倉庫新設
平成12年 社長 井上正道が会長に、専務 大橋進一が社長に就任
平成14年 高崎支店倉庫増設
平成15年 第1回無担保社債発行
平成20年 資本金4億9千万円に減資
平成22年 創立60周年記念
平成23年 高崎支店・福岡支店を分社化し、株式会社菊屋を設立
平成27年 東京営業所、上野に移転
平成28年 アカツキコーポレーション株式会社を100%子会社化
東京営業所、元浅草に移転
平成29年 100%子会社 アカツキコーポレーション株式会社(元浅草本社)を吸収合併